【新入生】大学で絶対に「競技ダンス」を始めてはいけない10の理由【舞研】

新入生の方、ご入学おめでとうございます。大学生活を充実させるためにも、サークル選びは非常に重要です。各サークルともに盛んに新勧を行っていますが、中でも「競技ダンス部」「舞踏研究会」「社交ダンスサークル」(以下、「舞研」とします)などに勧誘を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、舞研に勧誘されても絶対に入ってはいけない10の理由を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

舞研に入らない方が良い10の理由

①姿勢とスタイルが良くなりすぎて、高校の同窓会で気付いてもらえなくなる

あまりの変貌っぷりに「誰だっけ」となってしまうかも

②案外動きが激しいので、食べても太りにくくなってしまう

「食べても食べても太れな〜い」とか言ってると嫌われます。

③イケメンや美女と踊る機会が多すぎて、ドキドキしなくなってくる

慣れってコワイ!

④男女で仲が良すぎるので、非リアの友達に疎まれてしまう

男女で海!みたいなイベントも発生しがちです。

⑤他大学にも大量の友達ができるので、名前を覚えきれない

https://twitter.com/meiji_buken/status/966907223589847040

沢山の大学のダンサーが集まる試合やイベントも多数!これは覚えきれなくてメンドクサイですね。

⑥ダンスが楽しすぎて、電車を待っている間に踊り出してしまい怪しい

すごく怪しいです。

⑦姿勢が悪い人に魅力を感じなくなるので、ストライクゾーンが狭まる

これは普通に良くない。

⑧就活の自己PRに書ける内容が増え過ぎて、選びきれない

エントリーシートの欄は限られています。取捨選択メンドクサイ!

⑨フロアでの歓声がクセになりやめられなくなる

https://twitter.com/dokkyoballroom2/status/958503989061894144

クセになりやめられないなんて麻薬と一緒です!ダメ絶対!

⑩一生ものの思い出ができるので、この4年間が人生のピークになってしまう

https://twitter.com/dokkyoballroom2/status/958862341646372864

間違いなく人生で最高の4年間を過ごすことができる場所です!!!

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする