【2018 JCF】2018年ユニバーサルグランプリ 結果

2018年3月11日に新高輪プリンスホテルにて開催された、JCFのユニバーサルグランプリの結果をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

2018 ユニバーサルグランプリ 結果

プロ ボールルーム部門

三浦大輔・三浦美和子(JCF)

中嶋秀樹・中嶋美喜(JCF)

Shao Shuai・田中彩恵(JCF)

ユニバーサルグランプリは単価戦ですが、全種目で1位を取った三浦組が文句なしの優勝を飾りました。

プロ ラテアメリカン部門

歩浜敏夫・松浦のぞみ(JCF)

中村将太・中村雪(JCF)

中川智宏・毛利桃子(JDC)

ラテンアメリカン部門でも、全種目で1位を取った歩浜組が総合優勝を勝ち取りました。

アマ ボールルーム部門

https://www.instagram.com/p/BgLzL8OBLgi/

  1. 藤井創太・吉川あみ
  2. 加地渉・今橋紗希
  3. 佐藤祐馬・久保田理沙
  4. 孫祖博 ・西村早織
  5. 倉田尭敏・志田真梨亜
  6. 手塚太久・山口紗恵

JDSFチャンピオンの藤井組が堂々の優勝です!副賞の海外派遣の権利を獲得しました。

アマ ラテンアメリカン部門

  1. 藤井創太・吉川あみ
  2. 押川慧悟・和田知世
  3. 鈴木奨太・鈴木千尋
  4. 飯田大和・渡邊慧子
  5. 河西大介・仲條友梨
  6. 村瀬賢一・小笹詩織

アマボールルーム部門に引き続き藤井組が優勝。副賞の海外派遣は2位の押川組がゲットしました。

総評

JCFの試合でしたが、プロはJDC、JBDFからも選手が参加した交流戦でした。最終的にはJCFの選手がホームでの戦いを制しましたが、各団体の選手ともに善戦していた印象です。

アマチュアは出場組数こそ少なかったものの、副賞が海外遠征費用であることもあり有名選手が集い熱戦を繰り広げました。

今回遠征費用を手にした2組の海外での結果にも注目していきたいですね!

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする