【2018/3/4】スーパージャパンカップ2日目(アマスタン・プロラテン)結果

2018年3月4日、2日間に渡るスーパージャパンカップの2日目が幕張メッセで行われました。

白熱した競技の結果をお送りします。

尚、同日に開催されたスタンダード セグエ選手権については別記事にて写真と併せて紹介します。

2018年3月4日(日)に行われたスーパージャパンカップにて、セグエ選手権 スタンダード部門が併催されました。 どの選手も渾身...

関連記事

2018年3月3日(土)、幕張メッセで行われたスーパージャパンカップにて、セグエ選手権 ラテンアメリカン部門が併催されました。 ...
2018年3月3日(土)、幕張メッセで行われたスーパージャパンカップにて、セグエ選手権 ラテンアメリカン部門が併催されました。 ...

スポンサーリンク
レクタングル大広告

2018年 スーパージャパンカップ 2日目 結果

プロ ラテンアメリカン部門

1位 増田 大介 & 塚田 真美(東部)

2位 正谷 恒揮 & 齋藤 愛(西部)

3位 森田 銀河 & 小和田 愛子(東部)

4位 清水 基允 & 丸市 美幸(東部)

5位 西井 雄紀 & 春名 梓(西部)

6位 久野 将也 & 和田 有可(東部)

森田組が清水組を抜いて3位に。また、6位には久野組がランクイン。スタンダードに引き続き波乱の展開となりました。6位以内の選手は来年のセグエ権getです。セグエ権利1/2を獲得した準決勝相当の選手は以下の通りです。

7位 野村 直人 & 山﨑 かりん(東部)

8位 中島 光一 & 奥山 智美(東部)

8位 竹内 大夢 & 中島 由貴(東部)

8位 須藤 達矢 & 庄司 まゆ(東部)

11位 岡本 圭祐 & 塚越 あみ(東部)

11位 瀬底 正太 & 堀川 真琴(東部)

20代前半の野村組がファイナル2種総合7位の大健闘。その他、セグエ選手が検討を見せています。新パートナーと競技復帰した竹内選手は8位に入賞。新生カップルの滑り出しは上々でした。

アマチュア ボールルーム部門

1位 八谷 和樹 & 皆川 円

2位 藤井 創太 & 吉川 あみ

3位 景山 雄紀 & 宮原 恵那

4位 山田 恭平 & 秋山 彩織

5位 石垣 和宏 & 三喜 穂菜美

6位 日比野 湧 & 和野 歩未

7位 藤森 祐樹 & 藤森 美奈子

ラテンに引き続きディフェンディングチャンピオン八谷組が優勝しました。藤井組にとっては悔しい結果でしたね。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【2018/3/4】スーパージャパンカップ2日目(アマスタン・プロラテン)結果』へのコメント

  1. 名前:gerckler 投稿日:2018/03/11(日) 05:51:02 ID:8215eab84 返信

    どうもありがとうございました!