【2018 UKダンス選手権】プロライジングスター結果【動画あり】

WDCの3大大会であるUKダンス選手権が今年もイギリスのボーンマスで行われています。
様々なセクションがあるため、試合は数日に分けて行われます。
その中でも、新進気鋭の若手ダンサーが出場する「プロフェッショナル ライジングスター」部門の結果についてラテンアメリカン、スタンダード共に発表します。

プロボールルーム

  1. Dusan Dragovic & Valeriya Agikyan (England)
  2. Jack Beale & Natalia Siyanko (England)
  3. Igor Kobiuk & Valeryya Kalyschuk (Ukraine)
  4. Andrii Mykhailov & Anna Bohachova (Ukraine)
  5. Jinxuan Tu & Meng Xue Peng (China)
  6. Koji Kobayashi & Miho Akanuma (Japan)

優勝のDusan&Valeriya組のダンスはこちら

日本からは小林恒路&赤沼美帆組(奥山ダンススクール)が6位に入賞しました!
昨年(2017年)に統一全日本で初ファイナル入した、まさに新進気鋭のカップルです。

準決勝にも日本人が2組!

この他、日本人では三浦組と福田組が準決勝に、ベスト24には臼井組、杉野組、廣島組、小林組、三森組、本田組が入っています。

結果はこちらで全て見れます!
2018プロライジング結果(スタンダード)

プロラテン

  1. Luca Urso & Alessandra Tripoli (Italy)
  2. Marc Jimenez Blanch & Valeryia Urymahava (Spain)
  3. Aleksandr Altukhov & Cheyenne Murillo (USA)
  4. Kim Minje & Han Hyebin (SouthKorea)
  5. Kirill Voronin & Tatyana Kosenko (Russia)
  6. Cedric Chan & Jennifer Tin (Hong Kong)

優勝したLuca&Alessandra組のダンスがこちら(ちなみに本人のインスタアカウントです!マッチョです!気になる方はフォローを!)
https://www.instagram.com/p/BaD7CBelWaq/

日本人は決勝・準決勝とも進出なし

残念ながら決勝・準決勝に日本人選手は進出しませんでした。ベスト24には増田組、正谷組、清水組、鈴木組が入っております。

結果はこちらで全て見れます!
2018プロライジング結果(ラテン)
2018年のUKダンス選手権はまだまだ続きます。今後も選手の活躍から目が離せません!

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告