【初心者】シャドー練って何?やり方&上達につなげるコツを一挙公開【社交ダンス・競技ダンス】

「シャドー練」という言葉を聞いたことがある社交ダンサーは多いのではないでしょうか。「個人練」などと呼ぶ方もいらっしゃるようです。

要するに、「パートナー抜きで1人で練習する」ことです。

今回は、シャドー練の意義ややり方について紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シャドー練をするメリット

シャドー練にはどんなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:相手の都合によらず、自分の都合で練習できる

社交ダンスといえば男女が組んで踊るものです。もちろん最終的にはカップルとしていいダンスをすることが目標です。

しかし、お互いの都合もありますしいつも組んで練習できるとは限りません。

しかしシャドー練であれば、相手の都合によらず自分が練習したいときに練習することができます

メリット2:個としての能力を効果的に高めることができる

2人で良いダンスをするためには「カップルとしての完成度」の他に「個々の能力」を高める必要があります。

通常、能力を高めるためには反復練習をしますが、自分のやりたい部分の練習を相手にひたすら付き合ってもらうのもなんだか申し訳ないです。。

そこで必要になるのが「シャドー練」です。

また、初心者に多いのが「1人で立つのは難しいけれど、組んで貰えば立てる」という人。これが許されるのは初めのうちだけです。お互いしっかり自分の足で立てていて始めて自在に踊ることができます

シャドー練をすると、組んでいるときには気付かなかった「自分の足でしっかり立てていない部分」にも気付くことができます!

シャドー練のやり方

靴を履いて鏡の前でやるのがおススメですが、家などの鏡のない場所や靴が履けない場所でもシャドー練は可能です。

シャドー練をする上でおすすめの内容を紹介します。

自分の足でしっかり立てているか一歩一歩確認!

先ほども書いた通り、自分の足で自立するのは自在に踊るための第一歩です。シャドーしながら、全ての箇所でしっかり自立できているか確認しましょう。

バランスよく立てていないと感じた場合は修正していきます。バランスよく立てない時の原因についてはこちらの記事で触れています!

ダンスを始めたての1~2年目。とにかくダンスが楽しい時期でもあります。競技志向の方は特に短い時間で効率よく上達したいですよね。 ...

自分の足型を理解しているか確認

パートナーと一緒なら踊れるけど、自分1人だとわからなくなる、、、という方、結構多いです。シャドーの時にしっかり理解を深めておきましょう。

また、体重が乗るタイミングはいつか、ボディと足の方向はどちらを向いているか、足の付き方(主にスタンダード)はヒール→トウなのか、その逆なのかなど、細かい点についても確認しましょう。

シャドーでゆっくりやってできないものは、曲に乗せてできるはずがありません。

上級者の方も、1つ1つの動作が理にかなっているかを確認してみましょう。

鏡で形をチェック

鏡で自分を見て形が美しいかチェックしましょう。競技やデモに出る方は見た目の美しさも重要です。パートナーと一緒に踊っているとなかなかゆっくりチェックできませんが、シャドー練は自分の踊りの見た目とゆっくり向き合うチャンスです。

習ったことをできるようになるまで反復

レッスンで習ったことを踊りの中でできるように反復しましょう。誰にも迷惑をかけずに好きなだけ反復できるシャドー練は、新しい内容の習得にぴったりです!

シャドー練をする時に注意すること

周りに気をつける

練習場やスタジオでシャドー練をする場合は周りに気をつけましょう!集中するあまり視野が狭くなってしまい周りに迷惑をかけないようにしてください。練習場の基本的なマナーは以下をご覧下さい。

練習の際に練習場を利用される方は多いのではないでしょうか。練習場に行くと1000円強くらいのリーズナブルな価格で時間制限なく広々と練...

シャドー練でもパートナーを意識する

社交ダンスは相手あってのものです。目の前のことに集中し過ぎて相手を無視した動きをしてしまわないように気をつけましょう。相手のいる場所を常に想像し意識すると良いですよ!

堂々と練習する

はじめのうちはシャドー練をするのが恥ずかしいかもしれません。誰もが通る道です。しかし、周りは思ったほど自分のことを見ていないものです。姿勢を正し、堂々と練習しましょう!

いかがでしたでしょうか。

シャドー練を上手く利用しどんどん上達してください!

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする