【社交ダンス/競技ダンス】先生によって言っていることが違う時どうする?

社交ダンスをやっていると、色々なところから情報を入手する機会があります。

代表的なのが複数の先生に教えていただく場合。

普段習う先生が一人でも、外国人コーチャーの来日時にレッスンを取るという方もいらっしゃるでしょう。

また、雑誌やラジオなどでもダンスのテクニックに関する情報を得ることができます。

しかし、たくさんの情報を得れば得るほど「先生によって言っていることが違う」「どれが正解かわからない」という悩みをお持ちの方は多いのでは無いでしょうか。

同じ先生ですら、時と場合によって全然違うことをおっしゃることすらあります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

人によってテクニックの内容は全然違う

色々な情報を得るのは上達のために有効な方法です。しかし、先生による指導の内容の違いに戸惑っていてはせっかく得た情報を活かすことができません。

同じ社交ダンスのはずなのに先生によって言う内容が違うのはなぜなのでしょうか。

実は、使っているテクニックが人によって全然違うのです。

例えばラテンだと、同じルンバウォークでも脚の抜き方、抜き始めるタイミングなどは人によって全然違います。

どれが正解?

どのテクニックが正解なのか自分で判断し取捨選択できれば話は簡単なのですが、なかなかそうもいかないのが現実。

なぜなら、多くの場合「たった1つの正解」というのは存在しないのです。

つまり、複数個の正解が存在し得るのです。

「ルンバウォークにおける足の出し方」1つ取ってもその方法はいくつもあります。

テクニックは手段

よく言われることですが、テクニックは目的のための手段に過ぎません。ここで言う目的とは「表現」です。

つまり、目的が違えば手段も変わるのです。

ルンバウォークを例にとると、「目的」=「表現したいこと」は

  • 「フットスピードを速くしたい」
  • 「膝を綺麗に見せたい」
  • 「足首を綺麗に見せたい」
  • 「とにかく移動したい」

などが考えられます。

テクニックを習ったら「目的」を逆算して考える

ルンバウォークなど1つの論点に対して複数のテクニックを習った時は、それぞれのテクニックがどんな目的のための手段なのか考えてみましょう。

この時、複数のテクニックを比較し、実際に鏡の前で実践しながら考えるとわかりやすいですよ。

例えばルンバにおける骨盤のローテーション(回旋)のタイミングは

and(1/2)だと言う先生と

a(1/4)だと言う先生がいます。

前者のテクニックを取ればよりゆったりした表現ができますし、

後者のテクニックではフットやボディの切り替えにスピード感がうまれます。

自分の引き出しにする

自分の中でテクニック(手段)と表現(目的)を整理できたら、その手段を自分の踊りの中でいつでも使えるようにしておきましょう。

つまり、「踊りの引き出しを増やす」のです。

試合に出れば1曲=1分30秒前後踊ることになります。

この時間の中で、曲の雰囲気も変化しますし、ルーティンも次々に移り変わります。1つの表現だけに固執するのはもったいないです!!

ベースとなるテクニックがあるのは構いませんが、アクセントとしてさまざまな表現を取り入れるとダンスの幅も広がります。

まとめ

同じダンスでもさまざまなテクニックがあります。

自分が普段使っているのと違うテクニックを学んだ時は、どんな目的(表現)のための手段(テクニック)なのかを理解し、自分の引き出しを増やしていくのが魅力的なダンサーになる近道です!

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする