社交ダンス/競技ダンスの種類

金スマのキンタロー。&ロペス組の活躍や、漫画「ボールルームヘようこそ」のアニメ化など、最近話題になることの多い社交ダンス/競技ダンス。

今回はその「種類」について解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

社交ダンスは大きく2つにわけられる!

社交ダンスは「スタンダード」「ラテンアメリカン」に分けられます。

スタンダード(Standard)

スタンダードは「モダン」「ボールルーム」などと呼ばれることもあります。

写真のような長いドレスと燕尾服を着て優雅踊ります。「ホールド」と呼ばれる、写真のように男女が組んだ姿勢が基本で、これを崩さずに踊ります。宮廷で踊られるダンスのイメージです。

ラテンアメリカン(Latin American)

ワイルドでセクシーな雰囲気のダンスです。常にホールドを組んでいるスタンダードに対して、男女が近寄ったり離れたり比較的自由に踊ります。男性は「ラテンシャツ」と呼ばれるシャツ、女性は写真のような個性的なドレスを纏います。スタンダードのドレスに比べて肌の露出も多めになっています。

「スタンダード」「ラテンアメリカン」はそれぞれ「主要5種目」で構成されている

「スタンダード」「ラテンアメリカン」ともにそれぞれ主要な種目が5種目あります。社交ダンスの大会で競われるのもこの主要5種目です。その他に、大会では競われない種目(ジルバ、ブルースなど)がありますが、まずは各ジャンル主要5種目(計10種目)を覚えましょう。

スタンダードの主要5種目

ワルツ(Waltz)

3拍子の音楽で踊られます。スタンダード&ラテンの主要種目10種のうち3拍子のダンスはワルツとヴェニーズワルツの2種のみです。ゆったりとしたリズムと流れるようなスイングが特徴です。

タンゴ(Tango)

ホールドが他の種目より狭く、動きがシャープなのが特徴です。スタンダード種目ではめずらしい、首をシャープに使うダンスです。

ウィンナーワルツ(ヴェニーズワルツ)(Viennese Waltz)

https://www.instagram.com/p/BLMfSIUB_Xa/

くるくると華やかな3拍子のダンスです。スタンダードの種目はフロアのきわを四角く動くようにルーティン(振り付け)を作りますが、ウィンナーワルツだけはふ

スローフォックストロット(Slow Foxtrot)

https://www.instagram.com/p/BTzLiQ-AS9w/

スタンダードのオシャレ種目、通称「スロー」と呼ばれています。狐の歩みのようなステップが特徴的です。

クイックステップ(Quick Step)

軽快で跳ねるようなステップの、楽しげな雰囲気のダンスです。疾走感がありスピーディです。

ラテンアメリカンの主要5種目

チャチャチャ(Cha Cha Cha)

https://www.instagram.com/p/BbE1-QKgCXI/

軽快なダンスです。男女の軽妙な駆け引きを表現しています。

サンバ(Samba)

https://www.instagram.com/p/BaMn6kYhP84/

バウンス(上下のリズム)が特徴のダンスです。ラテン5種の中でフロアを回るように動くのはサンバとパソドブレのみです。

ルンバ(Rumba)

https://www.instagram.com/p/BZzj0lTAOld/

男女の愛を表現しています。ゆったりした音楽にロマンチックな表現が特徴。

パソドブレ(Paso Doble)

スペインの闘牛をモチーフにしたダンスです。男性は闘牛士(マタドール)、女性は闘牛のケープや牛、踊り子の役割を演じます。

ジャイブ(Jive)

https://www.instagram.com/p/BaJ8HLCgzRv/

とにかくジャンプしまくるダンス、と見せかけて、実はヒップのスイングアクションが一番の特徴。スタンダードでいうところの「クイックステップ」のような、軽快で楽しいダンスです。

以上10種目、それぞれ特徴が異なっています。種目ごとの違いに注目するとダンサーとしてもレベルアップできますし、観戦もより楽しめますよ♪

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする