【初心者】社交ダンスの始め方

テレビや漫画などで社交ダンスをみて「やってみたい」という方も多いのではないでしょうか。しかし、何から始めればいいかわからないという声をよく聞きます。

今回は、そういった方むけに社交ダンスの始め方をまとめました!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

独学は可能?

最近はyoutubeなどにも動画が上がっており、家で一人でもある程度は独学が可能です!しかし、やはり人に習ったり組んで踊ると楽しさも上達度合いも格段に上がります!

初心者の方にオススメの習ったり人と踊ったりする方法を紹介します。

教室に習いに行く

お教室でプロの先生に教えてもらう方法です。初心者で周りに経験者がいない人、右も左もわからない人はとりあえず教えてもらうのがおススメです。「地域名 社交ダンス 教室」で検索するとお教室がヒットするはずです。そちらに電話して体験レッスンの予約を取りましょう。先生が優しく初歩から教えてくれます。

個人レッスンの価格は先生のレベルによって様々です(3,000円〜15,000円くらいまで)。通常、一つのお教室にもお値段の違う先生が数人いることが多いので、初心者のうちは一番お安い先生で大丈夫ですよ。

お教室では個人レッスンの他に団体レッスンもやっています。初心者レベルのレッスンがあれば、そちらに参加すると費用を抑えられます。1回あたりの相場は1,000〜3,000円ほどです。

サークルに参加する

社交ダンス好きの社会人が集まって活動する「サークル」というものがあります。初心者を対象にしたサークルを探してみましょう。サークルだと友達もできますし、先輩方に教えてもらうこともできます。プロの先生を講師として呼んでいるサークルもあるようです。

週1階程度の活動で、料金も個人レッスンに比べて抑えられます。仲間ができるとダンスもより楽しくなります!「地域名 社交ダンスサークル 初心者」などと調べてみましょう。

大学のサークル・部活に入る

もしあなたが大学生なら、大学のサークルや部活で社交ダンスをすることができます。初心者のうちは先輩に教えてもらえますが、部費を払う必要があります(大学によって異なります)

大学の社交ダンス組織には以下の2種類があります。
・学連
・非学連

「学連」とは「学生競技ダンス連盟」に加盟している部活・サークルを指し、同連盟主催の試合に出ることを目的としています。かなり「ガチ」な雰囲気なので、がっつりやりたい方にはおススメです。ただし、1年生の4月から順に指導カリキュラムを組んでいる場合が多く、初心者の場合2,3年生でも1年生の同期として活動しなくてはならない可能性もあります。

学連の場合「加盟校」と登録された「パートナー校」以外の参加はできません。例えば早稲田大学競技ダンス部なら「早稲田大学」とパートナー校の「共立女子大学」の生徒が参加可能です。

通っている大学に既存の部がない場合、学連加盟部がある近隣の大学の「パートナー校」として登録できる可能性もありますので、まずは問い合わせてみましょう。

非学連のサークルは、学連に比べてゆったりとした雰囲気のところが多いです。インカレ(他大学の部員を認める)のところも多いので、自分の大学にサークルがなかった場合は近隣の大学から探してみてください。

都内の人は、こちらの大学サークルであれば他大学の部員も受け入れているのでオススメです。
https://gakucir.com/detail/1351

揃える道具は?

男性・女性ともに練習には専用の靴が必要ですが、とりあえずはじめて踊るときには不要です。手持ちの動きやすい服装の中でなるべくダボっとしていないもの(ジャージなど)と、靴下があればOK!

道具が必要な場合はスタジオやサークルでも教えてもらえるので、服装だけ揃えて体験に行きましょう。

いかがでしたでしょうか。踏み込むのはなかなか勇気がいるかもしれませんが、飛び込んでしまえばみんな暖かく迎え入れてくれます。ぜひチャレンジしてみてください!

社交ダンス・競技ダンスをこれから始める方にとって、「どれくらいお金がかかるか」というのは気になる点かと思います。 優雅なイメー...
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする