【学連新2年生】スタジオ見学のマナー【マニュアル】

学連では、1年生の1月から「2年生」と呼ばれるようになります。2年生になると練習場に通い始めたりスタジオに通い始める人もいます。

スタジオに入りたい2年生が避けて通れないのが「スタジオ見学」。そこで今回は、スタジオ見学のマナー・効果的な方法を紹介致します♪

そもそもスタジオの選び方がわからない!という方は以下リンクの記事も読んでみてください♪

【競技ダンサー向け】スタジオ選びのコツ 10選

スポンサーリンク
レクタングル大広告

見学前のマナー・手順

まずは、見学の予約を入れます。一般的に「スタジオの見学」とは体験レッスンのことを指しますが、学連の場合は先輩のレッスンを見学するのが一般的です。先輩に声をかけてみましょう。

部活の先輩、知り合いの先輩が見学にいきたいスタジオに通っていない場合、通っている先輩を紹介して貰います。SNSを使ったり、知人に聞いたりして探してみましょう。

ラインやメールなどでスタジオ見学を依頼する場合、以下の文面を参考にしてみて下さい。

(所属)の(名前)と申します。

突然の連絡ですみません。連絡先は○○さんに伺いました。

△△さんが(スタジオ名)に通われているとうかがい、スタジオ見学をお願いできないかと思い連絡致しました。次回のレッスンの時に同行させて頂けますと幸いです。

よろしくお願い致します。

バイトや授業で時間の融通があまり効かない人はその旨を事前に伝えておくのも◎です。

尚、こちらからお願いしておき恐縮ですが、授業・バイトの都合で平日の昼間は時間が取れず、可能であれば平日の夜か土日でお願いできますと幸甚です。

頼まれた側もなるべく時間を合わせてくれる(はず)ですし、もしどうしても難しい時は同じスタジオに通う他の先輩を紹介してくれる(はず)です。

事前準備

レッスンを受ける前にスタジオの概要を把握しておきましょう。場所やどんな先生がいらっしゃるかはHPなどで確認できます。

  • 料金(学連用に特別料金が設定されている可能性もあり)
  • レッスンの取りやすさ(先生の海外遠征中の代理がいるかも含めて)

の2点はHPからはなかなか確認できないので、見学をお願いする先輩に聞いておくと良いです!

当日の流れ

見学当日は、私服で構いません。持ち物も特にありません。待ち合わせ場所を指定されていなければ、直接スタジオに向いましょう。あまり早く行っても邪魔になってしまうので、レッスンが始まる15分前くらいを目処に到着するようにしましょう。

スタジオに入る際は適切な場所で土足を脱ぎ(下駄箱等があればそこです)、挨拶をしてから入りましょう。レッスン中ではない先生が受付などにいらっしゃれば挨拶をし、「△△さんの紹介でスタジオ見学に来た者です、よろしくお願い致します。」などと伝えましょう。どこにいれば良いか指示を頂けるかもしれません。

レッスンは基本的に椅子に座って見学しますが、もしレッスンをして下さる先生にご挨拶できる機会があれば立って挨拶するようにしましょう。

レッスン後

先輩が着替え終わるのを待って一緒に帰るのが良いでしょう(先輩も練習してから帰る場合もあるので臨機応変に対応すること)。

スタジオを出る際は改めて「ありがとうございました」と言うようにしましょう。スタジオを出た後で、先輩にもきちんとお礼を言うようにしましょう。

後日

スタジオが決まったら、お世話になった先輩に必ず報告するようにしましょう。紹介して頂いたスタジオに行かない場合であっても必須です。以下の文面を参考に連絡するようにしましょう。

(所属)の(名前)です!

先日はレッスンを見学させて頂きありがとうございました。

自分なりにいろいろ考えた結果、□□ダンススクールに通うことにしました。

今後また学連でお世話になることもあるかと思いますが、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

いかがでしたでしょうか。

意外と誰も教えてくれないスタジオ見学の手順、この機会にぜひ確認してみてください♪

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする