髪あげで電車乗ると見られる問題

試合やデモがある時、家で髪を上げてそのまま会場にむかうという方も多いのではないでしょうか。車に乗っていける方は何も問題ないのですが、大半の人は公共交通機関を使うことになります。そうなると気になるのが周りの視線です。

髪だけならまだしも、パートナーの方は家である程度メイクをしてくる人も多いようです。他の社交ダンサーはどのように対処しているのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

視線が気になる人は意外と多い

記事を書くにあたり、(ひょっとして自意識過剰なのでは)と不安になったのでTwitterで街の声を集めてみました。すると、思いのほか沢山の人が同じように悩んでいるようです。

社交ダンスまとめおすすめの対策

社交ダンスに慣れると当たり前のように髪あげをしますが、社交ダンスになじみの無い人から見ればかなり奇異に見えるのも無理はありません。社交ダンスがもっと世の中に普及すれば見る目も変わるのでしょうが、現状、残念ながらこちらが対策をするしかありません。

社交ダンスまとめがおススメする対策をいくつか紹介致します♪

シンプルに帽子をかぶる

帽子をかぶってしまえば髪あげも案外自然に見えます。ちょっと気合いの入ったセットかな?くらいに見えないこともありません。男性はハンチングやニット帽、中折れ帽子などをかぶると普通にオシャレな人に見えてしまいます。

女性はベレー帽などもおすすめです。今年の流行でもありますし、前髪を全部いれて被るスタイルが流行っているので、ちょっと髪質が硬めなオシャレさん、くらいに見えるかもしれません。

出典:ベレー帽かぶり方と髪型

注意したいのが、髪上げが十分に乾く前に被ってしまうとジェルが帽子に付いてしまうということ。また、せり出したひさしや高めのおだんごは帽子に引っかかって崩れてしまう恐れがあります。ふんわりかぶれるデザインのものを選びましょう。

(女子)イヤリングも付けていく

髪だけあがっていて他が私服だと髪だけが変に浮いてしまいます。ここはいっそのこと、試合用のイヤリングも付けてしまいましょう。顔周りが華やかになるので、髪型だけが浮いてしまうこともありません。私服で髪だけ上げているとこの髪型が可愛いと思ってやっていると思われてしまい視線を集めますが、イヤリングまで付けていると、周りの人も(きっと何か晴れやかな行事用のヘアセットだ)とわかってくれることでしょう。

サングラスを掛ける

任務中のエージェントに見えます。あるいは逃走中のハンターにも見えます。いずれにせよ、ただ者ならぬ雰囲気を漂わせることができるので視線は集まりにくくなります。パートナーの派手な化粧隠しにも最適です。

自分のことを有名人だと思い込んでみる

有名なので視線を集めるのは仕方ないです。かっこいいから見られているのだと思い込めれば視線も気持ち良くなるはずです。特に女性の方におすすめなのが自分を宝塚のスターだと思い込むこと。これからお稽古があるので髪を上げているのは仕方ないと思えますし、集まる視線にも笑顔でファンサービスできるようになります。

友達と群れる

髪上げも、一人だと「かわった髪型の人がいる」ですが、複数人いると「何かのイベントがあるのかもしれない」と思われるものです。近くに住む友人知人となるべくはやく合流すると恥ずかしさも軽減されます。

いかがでしたでしょうか。

やはり視線を完璧に防ぐことは難しいですが、上手く折り合いをつけて耐えていきましょう。

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする