【関東の社交ダンスファン必見】学連全日本戦の観戦のススメ

近年、「ボールルームへようこそ」や「背すじをピン!と」「10Dance」などの漫画メディアの他テレビでも「金スマ」「ヒルナンデス」などで社交ダンスが取りあげられています。

社交ダンスをやったことが無い方の中にも興味を持ち始めている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方に朗報です!ハイレベルでとにかくアツい「学生競技ダンス」の全日本戦が今週末都内近郊で行われます!!

しかもこの試合は入場無料。これを期に学生競技ダンス沼にはまってみませんか?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

概要

「第62回全日本学生競技ダンス選手権大会」、通称「冬全(ふゆぜん)」は、大学の競技ダンス部/サークルを束ねる学生競技ダンス連盟によって主催されています。

加盟大学それぞれから各種目1人、計8種目8名が出場し、個人および団体で競い合います。

「全日本」の名の通り、北は北海道から南は九州まで全国津々浦々の大学生ダンサーが集いその技を競います。各大学の代表を応援するために沢山の人がつめかけるので会場は凄まじい熱気に包まれます。夏に大阪で行われる「夏全」と並んで一番大きな学生競技ダンスの大会です。

日程・場所

2017年12月10日(日)、獨協大学の体育館にて行われます。

獨協大学へは東部スカイツリーラインの「獨協大学前駅」で下車しましょう。

駅から5分程でこちらの獨協大学構内図の右下に到着します。プロムナードと書いてある道をグラウンド沿いに道なりに進み、「35周年記念館」が会場です。(敷地に入ってから5分強くらい歩きます)

(出典:獨協大学HP)

35周年記念館についたら特に受け付けなどはありませんので、そのまま入りましょう。

会場では

特に入場料などはありません。受付で記帳を求められるかもしれませんのでその場合は応じてください。有料(500円前後)でパンフレットの販売を行っています。各大学の選手名などが載っているので必要な方はご購入を。

会場内は非常に混雑しています。

  • 選手の入退場の邪魔にならないこと(準決勝以降は上手入り口側が選手の入退場口になります。予選中は選手は好きなところから入退場します)
  • 連盟席(ステージ側の区切られたスペース)に入らないこと
  • フロア(パネルがしいてあり選手が踊るところ)に入らないこと

以上を守っている限りはどこで観戦しても構いません。床に座っても良いし立ってみても大丈夫です。適宜まわりの空気に合わせましょう笑。混雑を避けたい人は2階席の両端に来客用の椅子が確保してあります(黒いスーツの学生集団が座っていないのですぐにわかるはず…)ので、そちらをご利用ください。

気に入った選手の名前・大学名・背番を呼んで大いに盛り上がって下さい。知らない人から応援されるとひときわ嬉しいものですよ!

当日の持ち物

会場に入る時に靴を脱ぐので、スリッパがあると◎です。靴は紛失の恐れがあるので袋に入れて持ち歩くことをおすすめします。

会場は熱気たっぷりなので、早朝を除き寒い可能性は低いです。調節できる服装をおすすめします。ドレスコードは特になく、ジーンズでもワンピースでも構いません。(学生は上下黒のスーツなので、スーツでいくと逆にはずかしいかも)。

また、雨の場合傘も紛失の恐れがあるので折りたたみの傘があると便利です。

タイムテーブル

今年のぶんはまだ上がっていませんでした。入手でき次第アップします。

でもきっと朝の9時とかから17時くらいまでになることでしょう。

ちなみにいつ来ていつ帰っても大丈夫です。

(追記)タイムテーブルは以下の通りです。観戦する方に関係のある部分は●をつけました。

St=スタンダード

La=ラテン

FM=フォーメーション(団体競技)

8:10 選手会場
8:20 一般会場
8:45 役員集合
9:00 全体集合、プラ持ち集合
9:20 ヒート練
●9:40 開会式
●10:00 St一次予選
●10:50 La一次予選
11:40 休憩
●11:50 St二次予選
●12:20 La二次予選
12:50 昼休み
●13:30 FM
14:30 休憩
●14:50 St準決勝
●15:10 La準決勝
15:30 休憩
●15:40 St下位決勝
●15:55 La下位決勝
16:10 休憩
●16:20 St審査員紹介
●16:25 St上位決勝
●17:05 La審査員紹介
●17:10 La上位決勝
17:50 休憩
●18:00 オナーダンス プラ持ち集合
●18:40 閉会式
19:10 全体集合

いかがでしたでしょうか。

ダンスの観戦経験が無い方でも観戦できるように書いたつもりですが、不明点があればコメントからお気軽にお声がけください♪

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする