【競技ダンス】パートナーを決める際に押さえておくべきポイント10選

ダンスにおいてパートナー選びは非常に重要です。もちろん、結果の良し悪しにも密接に関係していますし、人によっては恋人より沢山の時間過ごすことになります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

パートナー選びはダンス人生を左右する

そう言っても全く過言ではありません。

例えば学連さんにおいて、多くの大学では、2年生の夏頃~固定パートナーが決まります。それまでは部内のいろいろな子とローテーションで試合に出ますが固定決定以降は原則卒部までずっと同じ人と試合に出ることになります。卒部までの2年強を共に練習し一緒に過ごすパートナー選びなので、慎重に選ぶに越したことはありません。

そこで今回は、固定選びの際にダンサーが気をつけている点、チェックしているポイントをご紹介します。どうやって決めればいいかわからないという方・素敵な方とパートナーシップを組むためにどんな点に気をつければ良いか知りたい方は是非参考にしてみてください。

1.熱量が同じ程度か

どんなに実力が拮抗していても、ダンスに対する思いに差があると辛くなってしまいます。最終的にどのような目標を持っており、それに向けてどれくらいがんばるつもりなのかは組む前に必ず確認しておきましょう。

2.練習の場所

どこで練習できるのかは必ず確認しておきましょう。練習場所の決定は家の場所、職場や学校の場所、仕事や学校が終わる時間にも依存します。こちらも組む前に確認しておかないと大変なことになってしまいます。

3.練習の頻度とスケジュール

どのくらいの頻度で練習したいのか、予め擦り合わせておきましょう。予定を把握しておくことで自分に合った相手が見つかりますし、組んだ後のスケジュールも立てやすくなります。たとえば、月2回くらいの練習で良いと思っている人と毎日でも練習したい人が組むと、お互いに辛い思いをすることになります。

4.ダンスに使えるお金の量

デリケートな問題ではありますが、どのくらいレッスンに入れるか・遠征には行けるのかといったことにも関わってくるので、差し支えない範囲でお互いに伝えておくとスムーズです。

中には、「パートナーが、お金がないという理由でレッスンに来ない」という理由で解消してしまう人もいます。組む前に把握しておくにこしたことはありません。

5.スタジオの希望と相性

組んで練習していくにあたって、スタジオに通う人が多いかと思いますが、どのスタジオに通うかは組んだ後に決める必要があります。学連さんだとスタジオを1つに絞らなくてはならないのでリーダー側のスタジオに行くケースも多いようですが、パートナー側のスタジオに合わせることももちろん可能です。

いずれにせよ、2人で納得して通って行けるようにきちんと話し合う必要があります。

スタジオ選びの方法はこちらの記事をご覧ください。

6.身長・体格

技術の善し悪しは努力でどうにでもなりますが、身長は産まれ持ったものなので努力ではどうにもなりません。男女間で20センチ前後の身長差があるのは今時普通ですが、180センチ越えのリーダーと140センチ代のパートナーが組むのは無理があると言えるでしょう

体格については努力で変えられる部分ではありますが、やはりある程度考慮したいところ。特に、脚の長さや顔の大きさなどのスタイルの良さはある程度生まれつき決まっているものです。もし他の条件が全く同じ候補が2人いれば間違いなくスタイルのいい人を選んだ方が勝てる可能性は上がります。

7.顔

人を見た目で判断するのは良くないですが、競技なので綺麗事は言ってられません。競技会に出るときにドレスやメイクをしっかり準備することからもわかるように、ルックスはダンスにおいて重要な要素の一つです。

中には自分自身のモチベーションを上げるために可愛い子やイケメンと組む人もいるとかいないとか。。。

顔は生まれつきのことだから仕方ない...と思っている方、諦めるのはまだ早いです。女性はメイクを工夫したり、男性は髪をセットして清潔感を出すと「雰囲気美人」「雰囲気イケメン」になれます。自己プロディュース力はダンスにおいても非常に重要なので、こういった努力はダンスにも活きてきますよ。

8.清潔感

長い時間一緒に練習する相手なので、不潔な人は無理だと感じる人は多いです。特に体臭は気になります。体臭はある程度仕方のないものですが、制汗剤や汗拭きシートを使ったり、軽く香水をつけたりしてできる限り防ぎましょう。汗をかきやすい人はタオルと着替えを持参するのも◎です。

9.どんなダンスが好きか

どんなダンスを踊りたいか・目指しているか、また、どんな選手が好きかというのが一致していると、練習もスムーズに運びます。特に、現在のWDC系・WDSF系のダンスは全く系統が違うので、趣味が合わないとなかなか同じところを目指すのは難しいです。

10.結局フィーリングが一番

一緒にいて楽しいこと、お互い尊敬し合えることはパートナーシップを組む上でとても重要です。そういったことは身長何センチ、練習は週何回といった定量的な指標で測れるものではありません。自分のダンスライフを左右するパートナー選び。色々な要素について検討して悩んだ後、最後に決め手となるのはやはりフィーリングです。この人だ!と思う人と組んだ方がきっと後悔も少ないですよ。

いかがでしたでしょうか。

パートナー選びはダンス人生を大きく左右する重要な決定です。後悔の無いように選ぶためにもぜひ参考にしてみてください。「他にもこんなところを見ているよ」といったご意見がありましたらぜひコメントにお寄せください♪

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする